PSKAI総研について
TOP>PSKAI総研について

当法人は、パチンコ・パチスロに関わる調査研究を科学的手法に基づいて広く進めるとともに、
遊技産業の新たな価値創造に資する各種事業活動を行うことにより、
大衆娯楽の未来成長を牽引し、日本の社会文化経済の発展に寄与することを目的として設立いたしました。

快楽、解決、回答、解釈、快感、改革、会うなどの「KAI」という文字に重きを置き、
皆様の疑問"?"(なぜ?どうして?)に答えを出せる、
何らかの「KAI」を出せる研究所になるよう、活動していきたいと考えています。
『お客様(遊技者)の快』『ホールや開発者の解・回』『業界発展を考えての改』『人と人のつながりで得られる会』など
KAIという文字にたくさんの思いを込めています。

↑ ページトップへ
代表理事の挨拶

ライオン はじめに、一般財団法人パチンコ・パチスロKAI総合研究所(PSKAI総研)の設立に際しましては、皆様より暖かい激励とご支援を多数寄せて頂きました。 ここに心からの感謝の念をもって厚く御礼申し上げます。
 私は大学卒業と同時に父親の経営する会社に入社いたしました。ぱちんこホールにてお客様を迎え、昼夜がむしゃらに働き吸収できるものは全て前向きに学びました。そして、いきなり28歳で社長に就くこととなりましたが、会社経営と併せて地域の組合活動を皮切りに、仲間とともに不正対策ネットワークの構築、遊技機リサイクルシステムの確立のための取り組み、ホール経営者団体における様々な活動、ぱちんこ未来図研究会の運営にと右も左もわからないまま走ってまいりました。
 気づいてみると30年以上の歳月が流れ還暦が目前に迫るまでになりました。
私は、業界と皆様に育てていただいた、かけがえのないご厚誼と恩義に報いるために一般財団法人パチンコ・パチスロKAI総合研究所(PSKAI総研)の設立を決心いたしました。
 また、私がこの研究所の設立を決めたのは、常々業界活動を続けている傍らぱちんこ業界の未来に思いを馳せたとき、業界も他産業と同様に、いつかはきちんとした教育機関や研究所を自前で持ち、技能・知識基盤の向上と社会的地位向上について科学的に、論理的にアプローチして成長戦略、産業論などを構築する必要があると思ったからであります。
 そしてこれからの日本経済、グローバル化の中で、ぱちんこ産業の持続的発展を担保する為には、しっかりとした科学的アプローチに基づく施策提言、手段方法の構築、そして人材育成が必須であると思ったからであります。 お客様と我々の「大衆娯楽ぱちんこ」が日本の社会経済と文化の発展に貢献し、その先、海外への進出による産業の拡大という大望を皆様と共に実現していくべきと確信したからであります。
 PSKAI総研は、新しい手法や新しい価値、新しいシステムを創り出すため、様々なチャレンジを行なっていきたいと考えております。
 これからの高齢化社会を踏まえて、遊技と脳科学、健康科学等を結びつける研究事業を確立させ、その科学的アプローチのノウハウのもとに新しい視点、手法で今までにないパチンコホール経営のツール、システムの研究開発、社会との共生を図る具体的方策等々に関する研究事業を展開いたします。
 又、遊技機及び周辺機器メーカー、業界内外のあらゆる企業・団体・組織と連携したコラボレーション事業を推進し、研究レポートの作成配布、オピニオン発信、書籍出版等のパブリケーション事業も推進して行く所存であります。  PSKAI総研は、厳しい業界状況のなか船出をいたします。
初心貫徹で挫けることなく、評議員、理事、研究員の方々と一丸となり進んで行く決意を固めております。
 今後、様々な研究成果を理事、研究員の方々と作り上げて行きたいと考えておりますので、宜しくお願い申し上げます。


創立者
平澤 黎哲
↑ ページトップへ
商号一般財団法人パチンコ・パチスロKAI 総合研究所 (PSKAI総研)
Pachinko and Slot KAI Research Institute
設立2013年6月10日
所在地〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-1-17宮中ビル5階 Googleマップで地図を見る
電話03-5829-6027
FAX03-5829-4074
事業内容1.研究会 … けんぱち、遊技機、風営法、労務、マーケティング、広告・宣伝
2.育成事業 … スチューデントフェロー
3.研究事業 … ビッグデータ解析、脳科学解析、遊技機開発、設備機器開発
4.知る!事業 … のめり込み市場調査、高齢者市場調査、遊技者市場調査、遊技機市場調査、設備機器市場調査
5.販売事業 … 出版(研究結果)、研究結果、ソリューション
6.社会貢献事業 … のめり込み抑制、介護予防、保育・幼児教育
7.教育事業 … 教育機関設立
8.海外事業 … 海外でのホール展開、海外の法律・システム、人材育成、遊技機、設備
代表理事代理福地 光
↑ ページトップへ
組織図
評議員会
理事会
研究課題検討会議
けんぱち研究会
ターゲット管理者・店長・副店長・主任
概要●情報提供
・けんぱち料理レシピ
・けんぱち体操
・けんぱち遊技機
・脳トレ

●セミナー
・篠原教授
・根本教授

●研究
・未来のホールを考える
・新たなビジネスモデルを考える
・けんぱちの最大化
遊技機研究会
ターゲット遊技機担当者・釘担当者
概要●情報提供
・新台情報(ゲージ含む)
・遊技機の使い方
・遊技機解析
・独自SIS解析

●セミナー
・遊技機メーカー
・設備機器メーカー

●研究 ・近未来遊技機を考える
・遊技機指標を考える
風営法研究会(育成編)
ターゲット幹部候補
概要●情報提供
・風営法の判例・事例
・行政の考え

●セミナー
・風営法(初級)
・風営法(中級)
労務研究会(育成編)
ターゲット幹部候補
概要●情報提供
・労務の判例・事例
・労務の考え方

●セミナー
・労務を知る
・人材育成
・助成金精度の活用
研究事業(1)

・ビッグデータ解析により市場予測を可能とする
・遊技機などのアンケート調査結果をシステム化し遊技機の稼働予測を可能とする
・予測データを元に、メーカーの遊技機開発指標として活用を検討する

研究事業(2)

・諏訪東京理科大学との共同研究事業として
「脳解析」「視野解析」のデータを収集し、調査
・研究を行い、遊技機・設備機器の指標を作成する
・作成データを元に、遊技機・設備機器の開発に活用する

育成事業

ステューデントフェローを組織化し、今後の業界発展に必要な若い人材の理解向上・育成を行う

PAGETOP